ご希望の百貨店[デパート]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
百貨店[デパート]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

秋の百貨店[デパート]情報

秋の百貨店[デパート]限定アイテムやイベント



衣料品から化粧品、雑貨に食品など何でも取り扱う「百貨店」。夏の終わり頃から、百貨店内は衣替えにピッタリな秋服から、秋の食材を使ったおいしい惣菜やデザートなど、目移りしそうな程多くの商品が並びます。「百貨店」に行けば、ほぼ何でも揃ってしまう品揃えの豊富さも魅力。このような魅力ある「百貨店」には、秋ならではの工夫があります。さて、その工夫とはどのようなものなのか、秋の食・衣料品・催しなどを通じて「百貨店」の魅力に迫ってみましょう。

秋のショッピングで活用したい!「百貨店」の魅力とは

秋ならでは!「百貨店」の衣料品戦略

秋ならでは!「百貨店」の衣料品戦略

東洋経済新聞によると、2017年6月までの衣料品業界は不景気。日本全国の大手アパレル業界でリストラが相次ぎました。「百貨店」でも不景気の波は押し寄せています。しかし、このような不景気に負けていない「百貨店」も。これには、「百貨店」ならではの戦略がありました。今回は、秋ならではの「百貨店戦略」をご紹介します。

秋のシーンごとに売り場が分かれている「百貨店」

芸術の秋やスポーツの秋、旅に出かけるにも秋は最適。このような秋にふさわしく「阪急梅田百貨店」ではある試みが行なわれました。それは、シーンに合わせた婦人服売り場の店舗改装。この試みが花開いたのは2016年の11月からだったと言います。例えば「秋の旅行に出かけたい」というニーズを叶えるべく、秋の旅行用ファッションを揃えておくこと。これは日本に訪れた観光客にもニーズの高いものとなりました。

秋の言葉でコンセプトを表現する「百貨店」

2015年9月、「日本橋三越本店」では「秋ならではの美しい言葉で暮らしを彩る」をコンセプトとしてデパートを秋色に変えました。例えば衣料品なら「身に入む(みにしむ)」。これは、朝晩が冷え込むので衣替えのシーズンだということ。その他にもデパートの屋上で行なわれた「鍋ものを皆で囲んで食べよう」という秋の催しは「豊年(ほうねん)」という言葉で盛り上げられています。これは「豊作の年」という意味で秋の言葉。このように秋を言葉で表現し、各催しにテーマを付けました。

秋の「百貨店」の魅力をチェックしてみよう

秋と言えば思い浮かぶものは何でしょう?スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋など、色々な秋があります。秋の「百貨店」にも魅力的な楽しみがいっぱい。そこで、「百貨店」ならではの秋の楽しみ方をご紹介しましょう。

秋の「百貨店」で行なわれる催しに注目

催事場などを使って盛大に行なわれる物産展は、「百貨店」の醍醐味のひとつです。わざわざ足を運ばなくても、現地のグルメやお土産を手に取って購入することができるため、毎回楽しみにしているという方もいます。特に、秋は多くの「百貨店」で北海道展を開催。実りの秋を迎える北海道のおいしいものがずらり。このような、各売り場で開催されるフェアをチェックしてみましょう。

百貨店の文房具店・書店の秋に注目

衣替えの季節は秋と春が一般的。サラリーマンのネクタイの色や靴などが9月もしくは10月頃から秋色に変わります。このような衣替えの時期に合わせて、「百貨店」の文房具店や書店でも秋フェアを実施。ノートや本に付けるカバー、シャープペンにボールペン・手帳なども秋色へ。身に付けるネクタイや靴、服などに合わせて買い揃える方もいます。

買い物だけじゃない、「百貨店」の魅力

屋上を有効活用する「百貨店」では、憩いの空間や子どもたちの遊び場として屋上を開放。中には、季節の花や植物が植えられ、手入れが行き届いた屋上庭園を有する「百貨店」もあります。飲食スペースやカフェが併設されているところもあり、ゆっくり過ごしたいという家族連れに人気です。

広い売り場やイベントスペースを利用した、体験イベントも魅力的。新作ウエディングドレスのファッションショーや試着会、著名人のトークショーなど、テーマも様々です。

プレミアムフライデーと「百貨店」

2017年(平成29年)から始まったプレミアムフライデーも、「百貨店」の集客に一役買っています。プレミアムフライデーとは、経済界と政府が個人消費喚起の目的で始めたキャンペーンのこと。多くの「百貨店」がこれに協賛しており、お得なサービスやイベントを目にする機会が増えました。化粧直しサービスやメイクアップ講座、中国茶の体験会など女性が喜ぶ催し物が充実しています。

ロード中
ロード中
ロード中

夏が終わり少しずつ涼しくなる秋は、出掛けるのにも最適な季節となります。

また、秋と言えば「食欲の秋」や、「スポーツの秋」と言われるように、色々な意欲が湧き購買意欲も高まります。そんな意欲を満たしてくれるのが秋の百貨店。秋限定スイーツや、スポーツを始めるためのウェア選び、冬に向けてのアウター選びなど、欲しい物が必ず見つかる場所です。

百貨店でのハロウィン

百貨店でのハロウィン

百貨店では、季節に合わせたテーマに沿って館内全体を飾り付けます。その中でも、秋はハロウィンを中心とした飾り付けやイベントが行なわれるところが多く、ハロウィン一色になる百貨店もある程。ショーウィンドーは、カボチャの置物やおばけなどの飾り付けでハロウィンにちなんだディスプレー作りがされ、デパ地下の惣菜やスイーツもハロウィン仕様になるなど、見ているだけでも楽しめます。

また、小さな子ども向けにお菓子がもらえるサービスが用意されたり、ワークショップが行なわれたりと、小さな子どもから大人まで人気のハロウィンです。

ハロウィン限定スイーツ

秋は「食欲の秋」と言われるだけあって、食欲が増し甘いスイーツを食べたくなるものです。また、秋はカボチャやサツマイモ、栗などスイーツに最適な食材が旬を迎える季節でもあります。これらの食材をふんだんに使ったハロウィンのスイーツは、デコレーションや容器もかわいく、つい手が伸びてしまうものです。

ハロウィンとは

本来、ハロウィンとは秋の収穫を祝い悪霊などを追い祓うことを意味していました。

しかし、現代においては「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるカボチャの中身をくり抜いた飾りを作ったり、仮装して家を回りお菓子をもらったりして楽しむお祭りとして親しまれています。

スポーツグッズ

毎年、10月10日は「体育の日」。秋は、「スポーツの秋」とも言われるように、何か運動を始めるに最適の季節です。

まずは、簡単なランニングから始めてみましょう。ランニングを快適に始めるために準備しておきたいのが、ウェアやシューズなどのスポーツグッズです。

百貨店では、このようなスポーツグッズの品揃えが充実しているので、スポーツを始める前に百貨店へ出掛けてみるのもおすすめです。

ランニングに必要な物

ランニングを快適に始めるために準備しておきたいのが、「ウェア」、「シューズ」、「ランニング用ウォッチ」です。

その中でもシューズ選びは特に大切で、足を痛めないよう自分の足に合った物や、ランニングの種類に合わせたシューズ選びをすることが重要となります。また、ウェアは吸水速乾性を備えた物を選び、時計においては自分が走った距離の記録がとれる物や心拍計の機能を備えた物など、自分の目的に合わせた機能のある時計を購入することをおすすめします。

こういったスポーツグッズは百貨店のスポーツ用品店や、季節ごとのイベント催事場で購入することができ、百貨店ならではの色やデザインの種類の豊富さに加え、性能の良い商品が揃っています。さらに、知識の多いスタッフに相談してアドバイスをもらうことで、より良い商品が見つかります。

寒さに備えて早めのアウター選び

肌寒くなる秋は、寒い冬に向けてアウター選びをしておきたい時期となります。

百貨店では、このように早くからアウターを求める人々に合わせ、秋頃からコートやジャケットなどのアウターの売り出しに力を入れているところがほとんどです。

流行に合わせた物から定番の物まで幅広く揃う百貨店では、どの商品も魅力的で見ているだけでも楽しめます。

その年の流行カラー

その年ごとに違う流行カラー。この流行カラーは、2年も前から決まっていると言われています。この流行カラーに沿ってファッション業界では洋服などの商品を生産します。

百貨店では、このような流行を敏感に取り入れ、消費者のニーズに合わせた魅力的なアウターを取り揃えているので、お気に入りの一着を探してみましょう。


秋の衣替えは寒さへの準備。11月3日は「いいレザーの日」とあって、ブーツやコートなどレザー製品が活躍する時期です。また、秋はお祝い品を贈る機会も多いので、お祝いに合わせての贈り物をご紹介します。そして、秋の味覚が集まるデパ地下にも注目しました。

レザー製品

レザー製品

靴やカバン、ベルト、財布など、誰もがひとつは持っているレザー製品。秋も中頃を過ぎるとデパートの売場にもレザー製品が多く並びます。レザー製品は耐久性があり、加工もしやすいことから、衣類や装身具以外でも身近な物にいろいろと利用されています。バレーボールやサッカーボールもレザーでできていますし、高級車のダッシュボード、シフトノブなどもレザーが使われています。

多目的に利用されるレザー製品ですが、日本では「皮」と「革」の両方の漢字が当てられます。動物の皮膚を剥いで製品にした物を「皮製品」、動物の皮膚から毛を除去して、なめし加工がしてある物を「革製品」として区別します。

レザー製品でも、いろいろな加工や仕様があり、靴でお馴染みのエナメルは、革にエナメルペイントを塗ることで、光沢を持たせ水に強くした加工が施された物です。革の裏側を使った物はスエードと呼ばれ、やすりで起毛させビロード状に仕上げます。シカやヒツジの皮を利用した物は、バックスキンと言います。

独特の風合いでファッショナブルなレザー製品ですが、お手入れをしっかりしておかないと美しさや機能性が損なわれることがあります。長期間放置しておくと油分が失われて硬化しますので、やわらかさを維持するために、保革油(レザークリーム)を塗ることがお手入れの基本。また、湿度が高いとカビが発生しやすいので、表面をきれいにしておくことも大切です。レザーに似せた合成皮革の製品も多く出回っていますが、本物の風合いにこだわるなら、やはり天然皮革がおすすめです。

11月3日は、1103の語呂合わせから「いいレザーの日」に制定されています。これは一般社団法人日本皮革産業連合会が制定したもので、レザー製品の知識を広め、レザーの価値と魅力をPRすることを目的としています。この日は著名人の中からベストレザーニストが選ばれ、その授与式も開かれます。

お祝い品を選ぶ

秋は敬老の日や七五三などお祝いの日が多くあります。これに加えて結婚祝いや新築祝い、開店祝いなどが重なると、何を贈って良いのかと迷うことも多いでしょう。敬老の日や七五三などは、食品や衣類などでも構いませんが、結婚祝いや新築祝いはそうはいきません。贈る相手との関係や親密さによっても贈る物が異なってくるので、慎重に選ぶようにしましょう。デパートのギフトコーナーやギフトカウンターで尋ねると丁寧に応対してくれます。

結婚祝い品であれば、日用品の詰め合わせや商品券など、新生活に向けて日常よく使う物を贈ると喜ばれます。また、タオルやシーツなども使う機会が多いので、おすすめ。贈るときの水引は結び切りで、のしを付けましょう。

新築祝いは鉢植えや壁掛け時計などが一般的。インテリアに合わせた温度・湿度計やテーブルライトなど、機能的でおしゃれな小物も喜ばれますが、これらは贈る人の好みや飾る場所もあるので、親しい人や気心が知れている人に限られてきます。贈るときは紅白の蝶結びの水引にのしを付けるようにしましょう。

お店や事務所の開店祝いには鉢植えの花や観葉植物が一般的。お店や事務所のイメージに合った色や花を選び、お店を訪ねて直接手渡したほうが喜ばれます。贈るときは紅白の蝶結びの水引にのしを付けるようにしましょう。

上司や同僚、部下の栄転や昇進祝いでは、自分の立場を考え、あまり高額でない物を贈るほうが良いでしょう。名刺入れやネクタイなど仕事で使いやすい物が無難で、上司の場合は職場の仲間とお金を出し合って贈っても良いでしょう。

また、刃物やティーカップ、鏡など「切るもの」「割れもの」は、贈り物としてふさわしくないので、できるだけ避けることが賢明です。

グルメが集まるデパ地下

品揃えの豊富さと個性的な味で、主婦やOLなど女性客に人気の高いデパ地下。近年デパートの地下街の食料品売場は、グルメたちから大きな注目を集めています。特に、おいしい味覚が出揃う秋は、食材からお総菜、スイーツまで、幅広い味覚のアイテムが並び、休日ともなると朝から多くの人が押し寄せます。スーパーや量販店と比べると値段はやや高めですが、有名店や老舗の味が楽しめるとあって、デパ地下各店で味の競演が見られ、ひとつのトレンドになっています。

また、お昼時になると、ユニークで工夫を凝らしたお弁当がいろいろ販売されるとあって、平日でも混雑が見られます。

秋の味覚の楽しみ方はいろいろありますが、デパ地下の商品は要チェックです。


9月の第3月曜日は「敬老の日」です。最近は、年齢に関係なく仕事や趣味に意欲的で、社会に対してもアクティブに行動する元気な高齢者が増えています。贈り物を贈る際は、おじいちゃん、おばあちゃんの長寿を願いながら、気の利いたものを贈りましょう。

敬老の日のプレゼント

敬老の日のプレゼント

「敬老の日」を控えて、おじいちゃんやおばあちゃんに何か贈り物を考えている人も多いことでしょう。敬老の日のギフトとしては、これから寒くなってくるので、暖かい衣類や、好みの和菓子、季節の味覚などに人気があるようです。また、最近はいろいろな趣味を持つ高齢者も多いので、趣味に合わせたグッズも喜ばれます。百貨店でも敬老の日が近づくと、様々な企画展を催しますので、参考にしてみましょう。

敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として、国民の祝日となっています。その始まりは、戦後の1947年に、兵庫県の野間谷村で、農閑期に「老人を大切にして、その知恵を借りて村づくりをしよう」ということから「としよりの日」が制定され、老人会が開催されました。この活動が1950年には兵庫県全体に広がり、9月15日を「としよりの日」と定めようとする敬老・福祉の県民運動が始まりました。翌1951年には、中央社会福祉協議会(現:全社協)が全国運動を提唱し、この活動が全国へ広がっていき、「としよりの日」から「老人の日」に改名され、1966年に「敬老の日」として正式に国民の祝日となりました。また、2001年には祝日法と老人福祉法が改正され、9月の第3月曜日を「敬老の日」、9月15日を「老人の日」、15日から21日までの1週間を「老人週間」に定められました。9月15日には、地域の高齢者に記念品を贈る市町村もあり、全国的にお年寄りを敬う日として確立されています。

長寿のお祝い

長寿のお祝い

日本は高齢化社会が進み、高齢者が人口に占める割合は年々増えています。言い換えれば、日本はそれだけ長寿国で、その寿命の長さは世界でもトップクラスにあります。「敬老の日」には、長寿を祝う意味もありますが、日本ではある年齢に達すると別称で呼ぶ「祝い歳」があり、それぞれ由来があります。

61歳(還暦、華甲)
十干十二支が一巡して、生まれた歳の干支に戻ることを言います。
70歳(古希)
古代中国の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」から由来します。
77歳(喜寿)
「喜」を草書体で書くと、「十七」の上に「七」が付いたように見えるためです。
80歳(傘寿)
傘の略字が「八」と「十」を重ねたものからきています。
88歳(米寿)
「米」を分解すると「八十八」となることからきています。
90歳(卒寿)
卒の略字が「九」と「十」を重ねたものからきています。
99歳(白寿)
「百」から「一」を取ると白になるためです。
100歳(百寿、紀寿)
紀寿は100年が1世紀であることからきています。
108歳(茶寿、不枠)
茶寿は「茶」の字を分解すると十・十・八十八となり、不枠は「枠」の字を分解すると十・八・九十となることから、それぞれの和が108となります。
111歳(皇寿、川寿)
皇寿は「皇」が白・一・十・一に分解され、白が九十九(百から一を引いたもの)となるため、その和によって111となります。川寿は、数字の並びが「川」の字に似ていることに由来します。
120歳(大還暦、昔寿)
大還暦は、還暦を2回迎えたことから由来しています。

祝い歳は、数え歳で迎えますが、満年齢で祝う場合もあります。祝い歳を迎えると、記念品を贈ったり食事会を開いたりして、お祝い事をするのが慣例となっています。誕生日以外に敬老の日にも、長寿をお祝いしましょう。