ご希望の百貨店[デパート]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

百貨店[デパート]

百貨店[デパート]用語集

百貨店[デパート]用語集 百貨店[デパート]用語集

文字サイズ

  • 駅ビル
    えきびる

    「駅ビル」とは、鉄道駅の駅舎を大規模なビルに建替え、百貨店や飲食店、商業施設等、駅以外の機能をあわせ持った建物のこと。駅ビルは主に日本で発達した。都心部の駅ビルは、低層階が百貨店等の商業施設、高層階がオフィスもしくはホテルとなっている場合が多い。一方、地方の観光地の駅では、お土産コーナー等のテナントが入居している。駅ビルの起源とされるのは1920年(大正9年)、大阪・梅田駅に完成した阪急本社ビルディング。関東で初めての駅ビルは1931年(昭和6年)の東京・浅草雷門駅(現在の東武浅草駅)である。戦後、それまで駅ビルに乗り出さなかった国鉄(現在のJR)が1950年(昭和25年)に豊橋駅に小規模の駅ビルを建て、その後、池袋駅、秋葉原駅と駅ビルを誕生させた。現在では、大阪・あべのハルカスや名古屋・JRセントラルタワーズ等、超高層タワーの駅ビルも次々と建設されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の百貨店[デパート]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP