ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

朝の百貨店



朝の百貨店では、来店客が訪れる前に綿密な開店準備が行なわれています。来店客を気持ちよく迎えるための様々な業務がありますが、なかでも納品、検品業務で時間を取られることがほとんどです。例えば食品フロアでは、当日、工場などから納品された洋菓子、惣菜、生鮮食品など鮮度が命の食材や商品をひとつひとつ検品し、店頭に並べられる品質かどうかをチェックしなくてはなりません。万一不良品などが見つかった場合はそれらを廃棄扱いにすることもあります。また、百貨店閉店後から朝にかけては、百貨店の飾り付けを大幅に変えるなどの模様替えの時間として使われることもあります。

百貨店開店前の様子

百貨店開店前の様子

百貨店の開店前には来店客を迎える準備のために従業員が納品や掃除、朝礼を行なっています。初売り前やクリスマスなどのイベントで限定商品が売られるときには、店外に購買目的の来店客が長蛇の列を作ることがあり、その際には混乱を避けるため特別に警備員を配置する必要があります。

納品作業

朝の開店前の時間に、その日に各売り場で売られる商品が工場や本社などから納品されてきます。商品が日々変わる食品フロアでは納品される品物の数も多く、その業務は多忙となります。

検品作業

納品された商品は、来店客に販売した際に問題がないかどうかの確認作業(検品)を経て店頭に並びます。輸送の過程で欠損しているおそれのある割れ物などは特に念入りにチェックします。売り場によっては納品作業や検品作業の様子を表にまとめ、毎日の記録を取ることもあります。

陳列・ショーケース内を整える

納品作業や検品作業が終わると、商品を陳列のためのショーケースに配置します。また、その日の売上目標を達成するため、ディスプレイの再編成やPOP・ポスター貼りなどを行ない、来店客の視覚に訴えかける売り場を作り上げます。

朝礼・ミーティング

各売り場別、または部門別に朝礼やミーティングがあります。朝礼・ミーティングでは、その日の売上目標の確認、百貨店本部から各売り場への伝達事項の確認、前日までに届いた来店客からのクレーム、その日の天気予報など、様々な情報を共有します。

開店作業

来店客を百貨店内に迎えるためにシャッターを開ける、正門を開けるなどの作業をします。朝一の来店客を迎えるときには従業員は持ち場につき「おはようございます」「いらっしゃいませ」と挨拶をします。このとき、開店と同時には音楽が流れ、従業員にも開店を周知させるのが一般的です。