ご希望のデパート[百貨店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトデパート[百貨店]リサーチ
デパート[百貨店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

百貨店情報

デパートの飲食店



百貨店には、レストランやカフェなど様々な飲食店が出店しています。この項目では飲食店について説明します。

デパートの飲食店の歴史

日本で初めて百貨店に飲食店をオープンした白木屋。1903(明治36)年地上3階建ての店舗を開業した際、遊戯室に蕎麦屋や寿司店などの飲食店を併設したのが始まりです。また、白木屋は、このオープンにより日本初の和洋折衷の店舗となり、また電話受付係りとして女性店員を採用するなど、他の百貨店に先がけて導入しました。

飲食店の取扱商品

様々な種類の飲食店が出店しており、幅広い食品を取り扱っています。和食、洋食、中華、イタリアン、フレンチなどのレストラン、そば、うどん、ラーメンといった麺類、寿司やシーフードなどの生鮮食品、ステーキやハンバーグなどの鉄板系肉料理、お好み焼きやもんじゃ焼きといった料理などが存在します。デザートのみを扱う専門店も存在し、そこではアイスクリームやケーキ、フルーツといった食品が提供されます。それ以外にも喫茶店や酒場などがあり、飲料やおつまみなどが提供されています。

飲食店の接客

飲食店での接客はほとんどの場合、対面式で行なわれています。来店したお客様に対し、席への誘導、注文受け、飲食物の運搬、会計、片付けまでトータルで行なわれています。また、食事の最中に食べ終わった皿を片付けたり、空いたグラスに水を注いだりするなど様々なサービスがあり、高級店になる程そのサービスは行き届いたものとなっています。また、寿司店やバーなどカウンターが常設されている店舗では、従業員との会話も比較的増えます。また、ファストフード的なシステムを取っている店舗の場合は、レジに並び会計を済ませ、提供された商品を受け取るという簡略的な接客方法が多いです。

百貨店に入っている飲食店

百貨店に入っている飲食店を紹介します。

とんかつ和幸

とんかつ和幸は、1958年に始まったとんかつ専門のチェーン店で、運営は和幸商事株式会社が行なっています。定食のご飯、キャベツ、お味噌汁のお替わり自由というサービスを日本で初めて全国展開したことで有名です。様々な百貨店にレストランの「とんかつ和幸」として出店していますが、食品街などで、総菜の販売も行なっており、なかでも食パンにひれかつを挟んだ「ひれかつサンド」は人気の商品です。これらのテイクアウト商品は、レストランでもテイクアウトすることができます。

千疋屋フルーツパーラー

千疋屋(せんびきや)は、1834年に開業した青果店が起源となっているフルーツ専門店です。取り扱っている商品は幅広く、フルーツ以外にも洋菓子やワインもあり、レストランも経営しています。なお、フルーツパーラーという言葉は千疋屋の2代目社長が作った造語です。現在は多くの百貨店に進出しています。