ご希望のデパート[百貨店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトデパート[百貨店]リサーチ
デパート[百貨店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

百貨店情報

デパートの化粧品店



百貨店には、化粧品を取り扱っている店舗が多数あります。また、百貨店に展開している店舗と同じように、セカンドラインを扱う専門店として展開しているブランドもあります。ここでは、デパートの化粧品店について説明します。

化粧品店とは

百貨店では複数のブランドショップがひとつのフロアにまとめられています。

化粧品店の取扱商品

化粧品店では、肌に塗る化粧水や乳液、クリームといった基礎化粧品、ファンデーション、アイシャドウ、口紅、マスカラといったメイクアップ用品、チークなどを塗るためのブラシやケースといったメイク道具など様々な商品が販売されています。

化粧品店の接客

百貨店での化粧品店の接客は、基本的に美容部員(ビューティーアドバイザー)と呼ばれるスタッフによる対面販売で行なわれています。カウンターに鏡と化粧道具が設置されており、来店客は販売員と会話をしながら購入を検討します。多くの場合、研修や新商品の勉強会などを受けている美容部員が顧客のニーズにあった商品を勧めながら販売を行なっています。

全国の百貨店に入っている化粧品店(国内)

百貨店に入っている国内の有名化粧品メーカーを紹介します。

資生堂

資生堂は1872年、銀座で創業された化粧品店です。もともとは調剤薬局としてスタートしましたが、化粧品業界へ進出すると規模を拡大させ、現在は日本国内シェア第1位のメーカーとなっています。自社ブランドを多数展開しており、敏感肌や脂性肌などの悩みにも対応できる化粧品も多く展開しています。資生堂の有名商品には「SK-II」や「HAKU」などがあります。

コーセー

コーセーは1946年に東京都北区で創業した国内シェア第3位の化粧品メーカーです。現在では一般的となった百貨店での対面販売ですが、コーセーは創業当時から美容部員による対面販売を実施していたことで有名です。定番商品としてはファンデーションや口紅が挙げられており、自社ブランドを多数展開しています。

全国の百貨店に入っている化粧品店(外資)

百貨店に入っている海外の有名化粧品メーカーを紹介します。

シャネル

シャネルは1909年に創始者のココ・シャネルが創立しました。1921年に香水「シャネルNo.5」を発売したことから、シャネルのコスメラインの歴史が始まりました。シャネルの化粧品の特徴は流行に流されず定番のアイテムの根強い人気を長きにわたり守っていることです。現在では「シャネルNo.5」に限らず、口紅などの定番商品も多くの女性に愛されています。なお、「シャネルNo.5」はマリリン・モンローが愛用していたことでも知られています。