施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

ショッピングモールの特徴



ショッピングモールとは、様々な商業施設が複合された大型施設のことです。百貨店と同じく大規模な小売業という意味では似ていますが、百貨店が多種類の商品を扱うひとつの商業施設であることに対して、ショッピングモールは専門の小売店(テナント)の集合体であると言えます。そのため百貨店はすべての商品に対して、販売責任が百貨店側にありますが、ショッピングモールで売られている商品の販売責任はショッピングモールではなく、それぞれの小売店にあるという違いがあります。

ショッピングモールの概要

ショッピングモールの概要

ショッピングモールは「ショッピングセンター」とも呼ばれ、その中には大型百貨店が含まれる場合もあります。ここでは、ショッピングモールの取扱商品や、その歴史について説明します。

主な取扱商品

商業ビルと同じく、ファッション、コスメなどの小売店舗や、飲食店街などで形成されていますが、第四次産業と呼ばれる商業店舗が入居している点が商業ビルとの大きな違いとなっています。第四次産業の商業店舗としては美容室や旅行会社などが挙げられ、これらの参入により、より広いカテゴリを網羅することが可能となっています。電化製品やホームセンターなどの実用品を扱う店舗や、映画館やゲームセンターなどのアミューズメント施設が入居しているケースもあります。

ショッピングモールの歴史

1922年、アメリカ合衆国で不動産業者が開業したショッピングモールがその起源といわれています。日本では1954年に沖縄で開店した「プラザハウスショッピングセンター」が先駆けですが、当時の沖縄は米国の支配下にあったため、厳密には日本初とは言えません。一般的には、1964年にショッピングセンターの試験店として開店したダイエー庄内店が日本で最初のショッピングセンターと言われています。その後、1980年以降は車の利用者も増えたため、車社会に対応できるよう大きな駐車場が併設されたショッピングモールが郊外に増えていきました。現在では、それら郊外型ショッピングモールと都市型のショッピングモールとが勢力を二分しています。

ショッピングモールと百貨店の関係

1990年以降、郊外の大型ショッピングモールが勢いを増すと、百貨店各社は業績を落として大きな打撃を受けました。そこで百貨店各社は、イオンモールなど他社が展開する大型ショッピングモールへの進出を開始し、愛知県のイオンモール岡崎に西武百貨店、大阪府のイオンモール堺北花田に阪急百貨店が出店するなどしています。しかし、東京都のイオンモールむさし村山に出店していた三越が2009年に業績悪化で撤退するなど、百貨店のショッピングモールへの出店には試行錯誤が続いています。

主なショッピングモール

郊外型のショッピングモールは、その規模の大きさや店舗の多様さにより、アミューズメントパークさながらの集客を誇るものがあります。以下、首都圏で人気を集める2つのショッピングモールを紹介します。

イオンレイクタウン

埼玉県越谷市にある日本最大のショッピングモールです。越谷市の都市開発により、それまで何もなかったところに一大プロジェクトとして建設されました。10,400台もの車を収容できる大規模な駐車場を完備し、さらにはJR武蔵野線の越谷レイクタウン駅から無料送迎バスを運行するなどの工夫で立地の不利を補っています。レイクタウン内にはファッション店舗だけでなく飲食店、雑貨店、ペットショップ、ガソリンスタンド、専門店街が立ち並び、アウトレットモールも含めてあらゆる分野を網羅していると言っても過言ではありません。

ららぽーとTOKYO-BAY

1981年、千葉県船橋市に開業し、三井不動産商業マネジメントによって運営されている日本最大級のショッピングモールです。500を超える店舗が入居しており、ペットショップやペットの医療センターといった特殊な店舗の他、映画館などのアミューズメント施設も併設されています。ハイブリッドカー使用者に対して2時間駐車無料券の配布や、京成本線船橋競馬場駅から無料の送迎バスを運行するなど、交通面への配慮もなされています。