ご希望のデパート[百貨店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
デパート[百貨店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

百貨店情報

スーパーマーケットの特徴



スーパーマーケットは、市場という意味の英語(マーケット)に、超越するという意味の英語(スーパー)が付けられていることからも分かる通り、市場の発展形態の小売事業をさしています。百貨店が多種類の商品を対面販売することに対して、スーパーマーケットは高頻度に消費される食料品や日用品に特化し、買い物客のセルフサービスによって商品を購入できるようにした小売事業です。また定価販売を原則とする百貨店とは異なり、店舗ごとに様々な値引きを行なっているのも特徴です。

スーパーマーケットの概要

スーパーマーケットの概要

バリエーションに富んだ商品を独自のシステムで売るというスーパーマーケットの事業形態は、今ではすっかり日常生活に定着して「スーパー」という略称で親しまれています。スーパーマーケットは、店内に陳列されている商品をセルフサービスでレジまで持って行き、レジで店員に会計してもらうシステムで成り立っています。

主な取扱商品

食料品や日用雑貨をはじめとして、生活の中で使用頻度の高い商品をメインに取り扱っています。店舗によっては、化粧品や衣服、書籍などを含む多彩な商品の取り扱いが見受けられます。

スーパーマーケットの歴史

もともとは海外で使われていた「スーパーマーケット」という言葉ですが、日本でこの名称が使われたのは、1952年に大阪で開店した「京阪スーパーマーケット」が最初と言われています。また、スーパーマーケットとしての業態が取り入れられたのは1953年、東京都港区にオープンした紀ノ国屋が初となっています。

百貨店系スーパーマーケットの存在

小売業としてはライバル関係にあるスーパーマーケットと百貨店ですが、大手百貨店の場合は、スーパーマーケット部門を持つ場合があります。阪急百貨店なら阪急OASIS、三越伊勢丹ならクイーンズ伊勢丹であり、百貨店の高級なイメージを生かしながら、安売りよりも高品質に比重を置いた経営がなされています。

主なスーパーマーケット

国内で展開する有名なスーパーマーケットについて紹介します。

紀ノ国屋

株式会社紀ノ国屋が運営をするスーパーマーケットで、店舗運営の拠点は東京に置かれています。もともとは、1910年に青果店として開業した店舗でしたが、1953年に対面販売を廃止したことで、日本初のセルフサービスの食料品スーパーマーケットとなりました。比較的高級志向の強い商品を取り扱っていることでも有名で、新宿髙島屋のデパ地下にも出店しています。

西友

東京を拠点に全国展開をしているスーパーマーケットチェーン店で、24時間営業をしていることでも有名です。2008年に行なわれた「KY(カカクヤスク)で行こう!」という新しいキャンペーンでは、インパクトのあるキャッチコピーや、チラシ、テレビCMが話題となりました。

イトーヨーカドー

関東を拠点に全国に展開しているスーパーマーケットです。セブン&アイホールディングスの子会社である株式会社イトーヨーカ堂が運営をしています。1920年に浅草に開業した「羊華堂用品店」が起源で、現在は日本国内のみならず海外にも店舗を拡大しています。また、スーパーマーケットの経営だけに収まらず、ショッピングサイトの運営にも着手しており、そこでは約10万点の幅広い商品展開を行なっています。