ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

百貨店マンの接客術



百貨店には接客のプロがいます。テナントの売り場の従業員も、内部の従業員も、その百貨店の接客研修を受けます。接客研修は百貨店に入店する前に受ける場合や、働きながら受ける場合があります。百貨店の接客スタッフは、その百貨店全体の印象を左右します。ここでは、百貨店マンの接客術について紹介します。

百貨店マンの接客術の具体例

百貨店マンの接客術の具体例

百貨店は、高級で丁寧な接客を心がけていることがほとんどです。接客は来店客を迎え入れるのに重要な要素です。百貨店に訪れる顧客の中には常連の顧客もいることから、その顧客の過去に購入した商品の特徴や好みに沿った接客をすることもあります。特に外商やコンシェルジュは、より丁寧で顧客の要望に添った接客を求められます。

来店客に挨拶をする

挨拶は基本であり、百貨店の従業員は「いらっしゃいませ」「こんばんは」「こんにちは」などの挨拶をして印象づけます。常連の顧客は名前で呼び、親しみを込めます。

常に笑顔

どんな状況下にもいても接客するスタッフは笑顔を心がけ、来店客に安心感を与えます。

身だしなみを整える

店頭に立つ際はお客様から常に見られていることを意識し、身だしなみや所作に気を遣います。接客するスタッフは百貨店の顔であり、印象を左右する存在です。女性の場合は必ず化粧をしますが、過度にならないように心がけます。長い髪の場合は髪留めなどでまとめ、お辞儀をしたときに髪が邪魔にならないようにします。男性はシャツの袖口が汚れていないか、スーツの肩にフケやごみが付着していないか、髭は綺麗に整えられているかどうかなど、清潔感のある身だしなみを要求されます。来店客と会話をする際に嫌な思いをさせないように、口臭や体臭にも気を遣います。

相手の目線と同じ高さで会話をする

来店客と同じ目線で会話をします。相手が子どもの場合や車椅子を利用している場合は、目線を同じ高さにするためにしゃがみ込み、相手の目線よりも上にならないように心がけます。

正しい言葉遣い

百貨店にて接客をするスタッフは、正しい言葉遣いが求められます。

執拗に売ろうとしない

来店客に執拗に商品を売ろうとはしません。来店客に気持ちよくショッピングをしてもらうため、あくまでも意思決定するのはお客様という姿勢を保ちます。

顧客の悪口を言わない

横柄な態度やしつこいクレームをつけてくる顧客がいたとしても、その顧客の悪口などを陰で言わないよう心がけます。