ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

百貨店の福袋



福袋とは、正月の初売り時に売られる商品が複数詰まった袋のことです。1,000円、2,000円、5,000円などのきりの良い金額や、その年の西暦にちなんだ金額で売られます。中身は見ることができないことが多く、開けるまで何が入っているのか分からないため、購入時の気分を高める日本固有の商習慣です。百貨店の福袋の中には、高価な宝飾品や、エステなどの体験を商品にしたものも扱われています。

福袋の歴史

福袋の歴史

福袋は日本の百貨店が最初に企画し、売り始めた物です。福袋の文化は百貨店から広がり、次第に小売店にも根付いていきました。

日本で最初の福袋

日本で最初の福袋は、現在の大丸百貨店の前身である大丸呉服店が江戸時代に始めたという記録が残っています。その後、同業者たちも次第に福袋のような存在を初売りの際に導入し始め、福袋ならぬ「多可良箱(たからばこ)」を売る店もあったと言います。

メディアによる福袋商戦加速

1990年代半ばからは、どれだけの行列を初売りの開店前に作れたかどうかがメディアで大きく報道される傾向が出始めました。メディアの扱いによって百貨店の福袋商戦は激化していき、以後、百貨店は福袋の中身や価格の差別化に取り組んでいます。

各百貨店別の福袋

百貨店の福袋はそれぞれ個性豊かなラインナップを行なっています。毎年恒例となる人気の福袋も多く、インターネットで先行予約をすることも可能になり、初売りの日に朝早く並ばなくても良い配慮がなされている場合もあります。

高島屋の福袋
幅広いラインナップが人気です。「食料品総合福袋」「有名レストランチケット福袋」「リビング福袋」は、毎年恒例の福袋で人気があります。インターネット予約が可能で、正月に自宅まで配送してくれます。
伊勢丹の福袋
伊勢丹では福袋のことを「お年玉袋」という名称で販売しています。伊勢丹独自の目線で選んだこだわりの逸品を詰めたお年玉袋が好評です。
東急百貨店の福袋
レディス、メンズ、キッズ別のファッション、ホーム、グルメと多くの領域を網羅するラインナップです。中身が見える福袋を売っていることが多いという特徴があります。
三越の福袋
老舗ならではの高級感ある福袋が特徴です。特価のワイン福袋なども扱っています。

特殊な福袋の例

実際に手にとって触れられる商品以外に、エステの体験権や不動産などがあります。過去に販売された福袋には以下のような物がありました。

  • マスターズ観戦ツアー
  • 宇宙飛行士訓練体験
  • お立ち台インタビュー
  • お子様の専属スタイリスト1年(毎月新作商品が届く)