ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

百貨店の実演販売



実演販売(デモンストレーション)とは、商品の詳細を来店客の前で説明し、実際に使用してみせ、その効果などを訴える販売方法です。実演販売を行なう人は、実演販売員、デモンストレーター、プロショッパーと呼ばれ、巧みに来店客の興味関心を集め、来店客の商品の購買意欲を上げる役割を担っています。百貨店では食料品売り場で食品のおいしさを伝えるために試食を促す実演販売係や、寝具売り場などで枕の使い心地の説明をする実演販売の担当者がいます。また、実演販売を行なう専門のスタッフは「実演販売士」とも呼ばれ、プロの実演販売士を育成するスクールもあります。

日本で最初の百貨店での実演販売

日本で最初の百貨店での実演販売

日本の百貨店で最初に実演販売を行なったのは日本橋三越で、昭和30年代に行なわれたと言われています。実演販売を行なった商品は「亀子のタワシ」であり、当時の人々にとって実演販売は非常にインパクトの大きいものであったことから、大ヒット商品になりました。

百貨店内でみられる実演販売の一例

百貨店は生活必需品から食料品、インテリアまで幅広い商品を取り扱っています。そのため、商品やフロア別に実演販売士がいます。

食料品の試食の実演販売士

食料品フロアで、紹介したい商品の味や調理方法などを来店客に分かりやすく説明する実演販売士です。ホットプレートなどを用いて実際に商品を焼いて試食を促したり、味付けを何種類か用意して商品の魅力を紹介したりするなど創意工夫がなされています。

化粧品を施すメイクアップの実演販売士

化粧品フロアで来店客の肌に直接化粧水などの商品を施し、使い心地を伝えて購買に結び付ける実演販売士です。その売り場の販売員が実演販売をかねている場合がほとんどです。メイクアップ用品の売り場にはメイクアップアーティストがいることもあります。メイク用品の良さを伝えるために、モデルにその場で化粧をしていく様子を来店客に見せる実演販売の方法もあります。

寝具売り場の実演販売士

寝具売り場で枕の使い心地や布団の使い心地について説明し購買を促す実演販売士です。来店客にマットレスに寝そべってもらい、使い心地を体験してもらうなどの販売方法もあります。

実演販売士になるには

実演販売士になるには実演販売士の育成学校に通い、プロ実演販売士としてデビューする道があります。百貨店で実演販売を行なうスタッフは必ずしも実演販売のスクールを卒業していなくてはならないという決まりはなく、各テナントの販売員が実演販売の担当をかねていることもあります。また、メーカーから販売応援というかたちで派遣された販売員が実演販売を行なっている場合もあります。