ご希望のデパート[百貨店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトデパート[百貨店]リサーチ
デパート[百貨店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

百貨店情報

百貨店の関連書籍



ここでは、百貨店を舞台にしたエッセイ・小説、百貨店経営のハウツーに関する書籍を紹介します。

百貨店を題材にしたエッセイ

百貨店を題材にしたエッセイ

著者が考える、百貨店のあり方や考察が書かれた本を紹介します。

『あのころの百貨店』
東京生まれの小説家・長野まゆみさんの百貨店に関するエッセイで、新潮社から出版されています。著者自身が、今の百貨店と昔の百貨店に関して感じることが主なテーマになっていて、百貨店全盛期に少女時代を過ごし、のちに自身も百貨店に務める側になった際の経験が語られています。昭和40年代の家族がおめかしをして出かける特別な場所であった百貨店が、時代とともに変化していくことに対しての悲しさをにじませながら紹介しています。また、大人になって百貨店に勤務するデパートガールになった著者の勤務体験についても触れられています。

百貨店を題材にした小説

百貨店を舞台に物語が繰り広げられています。劇のように目まぐるしく、ドラマチックな展開が評価されています。

『デパートへ行こう!』
小説家でもあり脚本家の真保裕一さんによる、閉店後の百貨店を舞台にした小説で、講談社から出版されています。閉店後の夜の百貨店に入った所持金143円の男が、闇の百貨店に潜む人間たちとのやりとりを描いた物語です。一夜のうちに、百貨店の中で様々な事件が巻き起こるというコメディタッチの物語です。
『ボヌール・デ・ダム百貨店(Au Bouheur des Dames)』
フランスの小説家エミール・フランソワ・ゾラの全20巻からなる作品『ルーゴン・マッカール叢書』の第11巻に収録されている物語です。出版年は1883年で、日本では2つの出版社から出版されています。2004年に藤原書店から出版された吉田典子さん訳の「ボヌール・デ・ダム百貨店-デパートの誕生-」という邦題のものと、もうひとつは2002年に論創社から出版された伊藤桂子さん訳の「ボヌール・デ・ダム百貨店」という邦題のものがあります。

百貨店の経営に関する本

百貨店業界について研究がなされた本です。

『百貨店の経営に関する研究』
2009年7月25日に学文社から出版された、百貨店の経営に関する本です。主に坪井晋也さんによる論述を中心に、経営学的見地から百貨店業界を研究した内容になっています。昨今の不況や時代の変化により今や「構造的不良債権」とも言われている百貨店業界の経営不振の原因を探る内容になっています。