ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

百貨店のエレベーターガール



エレベーターガールとは、百貨店や高層商業施設のエレベーター利用客の乗降をアナウンスしたり、身振り手振りによる誘導で手助けをする職業の一種です。「エレガ」とも呼ばれ、この業務を行なう男性のことはエレベーターボーイと言います。

花型職業だったエレベーターガール

花型職業だったエレベーターガール

1929年に日本最初のエレベーターガールが誕生しました。初導入したのは松坂屋上野店です。当時エレベーターの操作に慣れていなかった来店客の補佐や、美しく聞き取りやすい声でアナウンスをする業務がエレベーターガールの仕事でした。スカウトを受けてエレベーターガールからアナウンサーになる女性もいたことなどから、「女性の花形職業」との見方をされていました。具体的な例としては、フリーのキャスターでありジャーナリストでもある安藤優子さんです。学生のころ渋谷パルコのエレベーターガールとしてアルバイトをしていた際、外国人客と流暢な英語で接客していたところ、テレビ朝日からスカウトを受け、アナウンサーの世界へと足を踏み入れました。

エレベーターガールの具体的な業務

制服を着用し、エレベーターの操作盤前に立って業務を行ないます。

・エレベーター利用の乗客にエレベーターの行き先や停止階を案内する。(例:「上へ参ります」「5階、婦人服売り場です」など。)

・乗客の行き先を聞き、該当の階のボタンを押す。

・降りる乗客がいなくても、エレベーターが停止した階についた際には「△階××フロアでございます」と停車階の説明をする。

・乗客の乗り降りの際には足元への注意を促し、開いたドアが急に閉まらないように手を添えるなど乗降の補助をする。

・メインの入口のある階で待機し、乗車を促す。

エレベーターガールの今

エレベーターガールは、高度経済成長期を経て、存在意義や求められるものが変わっていきました。

不況の煽り受け「過剰サービス」の声

エレベーターガールの数は年々減っています。特に1990年代のバブル崩壊による不況から、「過剰サービスなのでは?」との風潮が強まり、経費削減の一環としてエレベーターガールとしての業務削減が行なわれました。

エレベーター乗降マナーの一般化

高層マンションや高層ビルが増えるにつれてエレベーターが一般化し、操作にも慣れがでてきたり、乗降する利用者同士も助け合いながらエレベーターを利用したりする習慣が一般化したため、エレベーターガールの存在意義は薄れてきています。現在では、質の高いサービスの一環として、百貨店や来店客の多い商業施設などではエレベーターガールが起用されています。