ご希望のデパート[百貨店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトデパート[百貨店]リサーチ
デパート[百貨店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

百貨店情報

ルミネの特徴



ルミネは、1976年に国鉄新宿駅の駅ビルとして開業した駅ビル型のショッピングセンターです。現在はJR東日本の連結子会社である株式会社ルミネが運営しています。商品の多くが1万円を切る手頃な価格設定であることから、若年層の顧客の根強い人気を獲得しています。ここでは、ルミネの歴史、店舗の特徴について説明します。

ルミネの歴史

ルミネの歴史

ルミネの歴史は、1966年に設立された株式会社大宮ステーションビルから始まりました。1976年には、1972年に設立された株式会社新宿ターミナルビル株式会社によって、国鉄新宿駅の南口に「新宿ルミネ」を開業します。このときにオープンした店舗は、現在「新宿ルミネ1」となっています。その後も横浜荻窪など駅ビルのショッピングセンターとして店舗展開していきました。

開業当時の業態

もともと国鉄の駅ビルは、ビルごとに独立した会社によって運営されていましたが、1991年の4月にJR東日本鉄道の駅ビル運営会社が合併したことから「株式会社ルミネ」としての運営を開始しました。新宿の暗いイメージを一掃させる計画をたて、駅ビルの改装やテナントなど、様々な改善を進めたことから、大きな成果を上げることができました。

イメージキャラクター「ルミ姉」

ルミネのイメージキャラクターである「ルミ姉」は様々な媒体に登場しています。おかっぱ頭、無表情な顔、三白眼(黒目の左右下に白目が見える目のこと)という個性的な女性のキャラクターです。テレビCMなどでは、ぼそぼそと呟くような口調で、ルミネが発行するクレジットカードやセールのキャンペーンなどを紹介しています。キャラクターデザインは、現在博報堂デザイナーである丸山もも子さんが手がけています。

ルミネ新宿店

はじめに開店したのがルミネ新宿店です。現在新宿には3店舗が展開されています。ルミネ新宿店には、1976年開業の「ルミネ1」、1987年開業の「ルミネ2」があります。また、株式会社新宿ステーションビルディングを吸収合併してできた「マイシティ新宿」跡には、「ルミネエスト新宿店」があります。

全国のルミネの店舗

ルミネは首都圏に集中して店舗を展開していて、渋谷にはメンズ専門館とした「ルミネマン渋谷」や、飲食店街を専門とした「ルミネ ザ・キッチン品川」など、本店舗とは別に専門館も構えています。また、大船には「ルミネウイング」がありますが、管理しているのは株式会社ルミネウイングで、ショッピングセンター事業の運営は株式会社ルミネが行なっています。