ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

イギリスの有名百貨店



イギリスは百貨店そのものの発祥の地とも言われており、老舗百貨店が多いことが特徴です。ここでは、イギリスの百貨店事情や有名百貨店について紹介します。

イギリスの百貨店事情

イギリスの百貨店事情

百貨店はイギリスで興った産業革命時に、大量の商品を陳列するスペースを確保すべく誕生しました。数々の路面店がひしめき合うイギリスのロンドンでも、百貨店は人気があります。百貨店各社が個性を打ち出しており、年に数回行なわれるバーゲンでは大幅に値下げされ、買い物客でにぎわいます。夏のバーゲンは早いところで6月から7月末にかけて行なわれ、冬のバーゲンはクリスマス後から始まります。このバーゲンの時期を狙って観光に来る外国人客も多いようです。

イギリスの有名百貨店の具体例

イギリスにはいくつかの有名百貨店があります。

ハロッズ

イギリスの首都ロンドンで最も有名な百貨店と言われています。ハロッズでしか買えないオリジナル商品もあります。創業者はチャールズ・ヘンリー・ハロッドで、彼が25歳のときに会社を作りました。ハロッズの一番有名な店舗は、ナイツブリッジ駅を降りてすぐの店舗で、広大な店舗床面積となっています。地下食品街には、軽食がとれるコーナーがあります。故・ダイアナ妃を偲ぶモニュメントや、豪華絢爛なエジプシャン・エレベーターなどが店内にあり、買い物だけではなくエンタテインメント性も高い百貨店です。

セルフリッジ

イギリスで最大規模を誇る大きな百貨店のひとつで、ハロッズに次いで二番手と言われています。1909年に開業し、創業者はハリー・ゴードン・セルフリッジです。オリジナルブランドであるミス・セルフリッジは人気があり、海外通販もされる程です。売場のひとつひとつのスペースが大きく、百貨店全体を1日で回ることが困難とも言われています。

リバティ

イギリスの老舗百貨店のひとつであるリバティは、1875年にアーサー・ラセンビィ・リバティによって創業されました。建物はイギリスの伝統的なアーツ・アンド・クラフツ様式が採用された建物です。なお、リバティ社の「リバティプリント」という言葉は「リバティ百貨店で作られたプリント」という意味です。

日本からイギリスに出店した百貨店

日本から老舗百貨店ひしめくイギリスに出店した百貨店があります。

ロンドン三越

かつて、日本の老舗百貨店三越がロンドンに出店していました。1979年にオープンし、34年の年月を経て2013年に閉店しました。出店場所はロンドンの一等地であり繁華街であるピカデリー・サーカスです。