ご希望のデパート[百貨店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
デパート[百貨店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

百貨店情報

丸広百貨店の特徴



丸広百貨店は、「丸木百貨店」を起源とする百貨店で、主に埼玉県西部を中心とした地域で店舗展開をしています。ここでは、丸広百貨店の歴史、本店の特徴、サービスについて紹介します。

丸広百貨店の歴史

丸広百貨店の歴史

丸広百貨店は、1939年に入間郡飯能町(現:飯能市)に創業しました。1949年には屋号を「丸木百貨店」から「丸広百貨店」に改称しました。埼玉西部を中心に店舗を拡大していき、創業者一代で埼玉県を代表する百貨店となりました。

創業者

創業者は大久保竹治(おおくぼたけじ)です。現在の埼玉県飯能市に生まれ、幼少期に見た百貨店に憧れを抱いたことから実業高校への進学を選びました。卒業後は八王子市にある衣料を扱う「丸木」で修行を重ね、その修業先の名前を借り「丸木商店」を開業したことから、丸広百貨店設立へと商業の道を歩んでいきました。

開業当時の業態

1949年に屋号を改正し、株式会社化したことから1951年に埼玉県川越市の中心部に川越本店を開店しました。その後、創業者の大久保がマイカー時代のニーズに応えられる大規模駐車場の増床などを計画し、あえて川越市の中心部から大きく外れた現在の川越本店(埼玉県川越市新富町)へと移転しました。

社是「愛される丸広」

創業者である大久保が経営理念として掲げた社是は、「出身の地でもある地元地域と共に歩み、ともに栄えていくこと」でした。「愛されるまるひろ」であることが地域に根ざす大切な信念であり、丸広百貨店の紙袋や包装紙には、埼玉県の花であるサクラソウを描くなど、随所でそのこだわりが見られます。

丸広百貨店本店

丸広百貨店の事実上の本店は丸広百貨店川越店です。川越駅からはやや離れているものの、川越唯一の百貨店であり川越を代表する商店舗のひとつです。

建物の特徴

丸広百貨店本店はいくつかの館で構成されています。衣料品などを取り扱う本館、本館に隣接するように雑貨や手芸用品を販売する別館が存在しています。また、本館からやや離れたところには家電製品や楽器店などの店舗が入居するアネックス館もあり、A館・B館・C館・D館と4館存在しています。

本館屋上遊園

丸広百貨店の本館屋上には、現在数少ない存在となった屋上遊園地が残っています。名前は「わんぱくランド」で、日本で一番小さな観覧車やモノレール、飛行機などの遊園施設があります。また、この観覧車はかご自体も横に回転する作りで、座りながら富士山や都心部、山脈などの景色を一望できます。

丸広百貨店の店舗

丸広百貨店の店舗は次の通りです。