ご希望のデパート[百貨店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトデパート[百貨店]リサーチ
デパート[百貨店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

百貨店情報

小田急百貨店の特徴



小田急百貨店は、1962年に新宿で営業を開始した百貨店です。小田急グループに属する株式会社小田急百貨店が運営しており、新宿町田藤沢に店舗を展開しています。

小田急百貨店の歴史

小田急百貨店の歴史

株式会社小田急百貨店の創業は、1961年6月1日です。翌年、東横百貨店(現在の東急百貨店)と業務提携を行ない、新宿駅西口に小田急百貨店を開店しました。

企業理念と百貨店ロゴ

小田急百貨店のロゴマークは小田急の頭文字「小」を丸で囲み、人の顔に見立てたデザインを使用しています。このロゴは、基本理念「企業活動を通じて社会に貢献する」と、経営理念「お客様の豊かな生活に貢献する」に乗っ取り、顧客への奉仕の気持ちを込めた微笑みのイメージが組み込まれています。

エレベーターガール

近年、経費削減のためにエレベーターガールを常駐させている百貨店が減っていますが、小田急百貨店では現在もエレベーターガールがいることで、一部のファンを喜ばせています。

小田急百貨店新宿店

小田急百貨店新宿店は新宿区西新宿1丁目にあります。「本館」と「HALC(ハルク)」に分かれており、連絡橋「カリヨン橋」でつながっています。

本館建物の特徴

本館は小田急のビル建設者である坂倉準三(さかくら じゅんぞう)氏のデザインです。南北が別々の事業者により建設所有されていた関係で2棟のビルからなっていますが、全体的に統一されているため外から見ると、1棟の建物に見えるように設計されています。

カリヨン橋

「本館」と「HALC(ハルク)」の2階部分をつなぐカリヨン橋は待ち合わせスポットとしても利用されており、休憩のための備え付けのベンチなどもあります。

別館小田急HALC(ハルク)

小田急百貨店開業時には、「HALC(ハルク)」が小田急百貨店の本館として使われていました。本館が開業した1967年からは別館「HALC(ハルク)」として改装し営業しています。「HALC」とは「Happy Living Center」の略で、当初はリビング用品などを扱う家具専門店としてオープンしましたが、新宿の百貨店戦争やバブル崩壊などで経営が悪化し、2002年からは一部のフロアをビックカメラに貸し出しています。

トロワグロ

1984年にフランスの三ツ星レストランとして有名な「トロワグロ」と契約し、国内で唯一、トロワグロブティックを開設しています。トロワグロ関連店舗は下記の百貨店内にあります。

トロワグロブティック
新宿店
トロワグロショップ
町田店
藤沢店
カフェトロワグロ
新宿店