ご希望の百貨店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト百貨店リサーチ

百貨店情報

三越の特徴



三越の歴史は、1673年に創業した呉服屋から始まりました。現在は、株式会社三越伊勢丹ホールディングス傘下である「株式会社三越伊勢丹」が運営を行なっており、国内外に、百貨店、小型売店、専門館を展開しています。

三越の歴史

三越の歴史

1673年、江戸本町1丁目(現:中央区日本橋本石町辺り)に、呉服店「越後屋」を開店したのが起源です。1904年には、日本で初めて「デパートメントストア宣言」をしたことで一躍有名になりました。

創業者

創業者は、三井高利(みついたかとし)です。彼は伊勢国松阪(現在の三重県松阪市)に生まれ、三井家(のちの三井財閥)の基礎を築いた江戸時代の商人です。呉服屋を開業する前は、松阪で金融業を営んでいた他、両替商も開業していました。

開業当時の業態

開業当時は取引が行なわれるたびに売り手と買い手の駆け引きがあり、買い手によって商品の値段が異なるのが通常でした。そんな中、三井は当時としては新しい商法を考え出します。三井が開いた越後屋では、すべての顧客に対して同じ価格で販売する正札販売(定価販売)を初めて実現させたのです。これにより、富裕層だけの物だった呉服を一般市民にも広めることに成功しました。

デパートメント宣言

三越が「百貨店」として認知されるようになったのは、「デパートメントストア宣言」がきっかけです。これは呉服屋であった三越が、アメリカのデパートのように陳列売りをし、呉服だけでなく生活に関するあらゆる商品を展開していくという宣言です。その後、三越のデパートメント宣言を受けて多くの百貨店が誕生していきました。日本初の百貨店誕生には様々な説がありますが、三越は日本の百貨店産業の基礎を作った百貨店のひとつと言われています。

三越本店

越後屋は現在の日本銀行周辺で開業しました。小さな仮店舗での営業からのスタートでした。

建物の特徴

三越本店の建物は、1935年に完成しました。ルネッサンス様式の建物で、当時は国会議事堂丸ビルなどに次ぐ大きな建築物でした。正面玄関にあるライオン像は三越のシンボルとも言え、今なお待ち合わせの場所として親しまれています。中央ホールから階段にかけては大理石がふんだんに使われており、階段の上にはパイプオルガンが設置されています。

日本初のエスカレーター

1914年、三越本店の新館建設にあたって、日本の商業施設では初となるエスカレーターが導入されました。関東大震災によって木製のエスカレーターは消失したものの、現在では当時の雰囲気を再現した金属製エスカレーターが使われています。

全国、海外にも広がる三越の店舗

三越は日本のみならず海外にも店舗を展開しており、国内に14、海外に4つの店舗があります。

日本国内の主な店舗

三越百貨店には専門館も存在します。

海外の店舗

  • オーランド
  • ローマ
  • 上海
  • 台湾